お問い合わせ

特集ページ一覧

HOME»特集ページ一覧»

放射性物質に関する情報と正しく向き合うために その5

現在、震災復興を妨げる震災瓦礫(災害廃棄物)の撤去は大きな課題です。各地の自治体が広域処理に協力する中で、震災瓦礫に関わる放射性物質の管理はどうなっているのかをテーマにお届けします。                                                   
詳細はこちら
(PDF)

放射性物質に関する情報と正しく向き合うために その4

現在、東北・北関東の指定区域では、官民をあげて「放射性物質の除染」が続けられています。そこで今回の特集では「除染」をテーマにお届けします。                                                   

詳細はこちら
(PDF)

放射性物質に関する情報と正しく向き合うために その3

福島第一原子力発電所の事故以来、放射線の管理や測定への関心が高まっています。                                  そこで今回は、これらに関する基礎知識をお届けします。                                                   詳細はこちら(PDF)

放射性物質に関する情報と正しく向き合うために その2

各地の農畜産物などから放射性物質が検出され、国や自治体は「検査の強化、暫定規制値の設定、迅速な情報公開」に注力しています。今回は、これら食品に関する情報を中心にまとめました。
詳細はこちら(PDF)

放射性物質に関する情報と正しく向き合うために その1

原子力発電所の事故に伴い、放射性物質に関する情報が連日報道されています。しかし、一般の方々にはなじみのない専門用語や単位が登場するために誤解や混乱が生じ、産品の風評被害、差別やストレスを生む要因となっています。

そこで、あらためて放射性物質に関わる 基礎的な知識を分かりやすくご紹介します。

詳細はこちら(PDF)

身のまわりの放射線、放射能を正しく測定するために

放射線、放射能を正しく測定するためには、いろいろな測定方法の中で、何が、どのくらいの精度で測れるのかなどを正しく理解し、目的にあった測定方法を選ぶことが重要です。具体的な内容は、下記の資料をご覧ください。
詳細はこちら(PDF